一進一退(いっしんいったい)

【四字熟語】一進一退(いっしんいったい)の意味・例文

意味 状態が良くなったり悪くなったり、進んだり後戻りしたりすること。
例文 今日のプロ野球の試合は 一進一退 の攻防で見ごたえのある試合だった。
類義語 足踏み状態 、横ばい、頭打ち、進展がない、停滞気味、三歩進んで二歩下がる
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

一進一退:わかりやすい使い方

いっしんいったい:例文1
今日のサッカーの試合で、お互いに1点ずつ取り合って、残り5分まで3対3だったケロ。
一進一退:意味2
一進一退 のいい勝負ケロね。その後どうなったケロ?
いっしんいったい:例文2
残り1分で僕が決勝ゴール決めて勝ったケロ♪
一進一退:意味3
すごいケロ!(結局 自画自賛 したかったのがまる分かりケロ)

一進一退】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 足踏み状態 、横ばい、頭打ち、進展がない、停滞気味、三歩進んで二歩下がる
意味 ⇒ 状態が良くなったり悪くなったり、進んだり後戻りしたりすること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ