三つ子の魂百まで

【ことわざ・慣用句】三つ子の魂百まで(みつごのたましいひゃくまで)の意味・例文

意味 幼い頃の性質は、年をとっても変わらないという意味。
例文 三つ子の魂百まで というが、今の状況を変えるために心機一転、生まれ変わった気持ちで頑張ろうと思う。
類義語 雀百まで踊りを忘れず、生まれつき、持って生まれた、生まれながら、終生変わらない、病は治るが癖は治らぬ
反対語 士別三日、男子三日会わざれば刮目して待つべし、朱に交われば赤くなる
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。

三つ子の魂百まで:わかりやすい使い方

三つ子の魂百までとは:意味1
ケロゆう、片付けなさいケロ!
みつごのたましいひゃくまで:例文1
三つ子の魂百まで ケロ。今さら片付けや整理整頓の癖をつけるのは無理ケロ。
三つ子の魂百までとは:意味2
それは屁理屈ケロ!早くするケロ~。
みつごのたましいひゃくまで:例文2
うー、パパには勝てないケロ…。

三つ子の魂百まで】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。


三つ子の魂百までの類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に学習しよう。
類語 ⇒ 雀百まで踊りを忘れず、生まれつき、持って生まれた、生まれながら、終生変わらない、病は治るが癖は治らぬ
意味 ⇒ 幼い頃の性質は、年をとっても変わらないという意味。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ 士別三日、男子三日会わざれば刮目して待つべし、朱に交われば赤くなる

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ