滅私奉公

【四字熟語】滅私奉公(めっしほうこう)の意味・例文

意味 自分の気持ちを抑えて国家や社会などに奉仕する精神のこと。
例文 昔は 滅私奉公 するのが当たり前の時代だったらしい。
類義語 自己犠牲の精神、献身的な姿勢、慈善の精神、命をささげる、身を捨てて尽くす、尽くす
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

滅私奉公:わかりやすい使い方

滅私奉公:意味1
昔は 滅私奉公 が当然だったけど、今では考えられないケロ。
めっしほうこう:例文1
本当ケロね。
滅私奉公:意味2
ケロゆうにはしっかりと自分の意見を言える大人になってほしいケロ。
めっしほうこう:例文2
はーい、じゃあ、今日は宿題も終わったし遊びに行ってきますケロ~♪
滅私奉公:意味3
ケロゆうは心配無用ケロね。

滅私奉公】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 自己犠牲の精神、献身的な姿勢、慈善の精神、命をささげる、身を捨てて尽くす、尽くす
意味 ⇒ 自分の気持ちを抑えて国家や社会などに奉仕する精神のこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ