頭が下がる

【ことわざ・慣用句】頭が下がる(あたまがさがる)の意味・例文

意味 尊敬せずにはいられないこと。
例文 会社の為にと寝る間も惜しんで努力する君には本当に 頭が下がる 思いだよ。
類義語 頭が上がらない 、脱帽(だつぼう)する、敬意を表する、尊敬する、畏敬の念を抱く(いけい)、崇拝する(すうはい)
反対語 軽蔑する(けいべつする)、ないがしろにする、見下す
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

頭が下がる:わかりやすい使い方

あたまがさがる:例文1
ただいまケロー。
頭が下がる:意味2
おかえりケロ。遅かったケロね。
あたまがさがる:例文2
今回のテストの結果が良くなかったから、今までずっと先生に教えてもらっていたケロ。
頭が下がる:意味3
ケロゆうも偉いけど、こんな時間まで付き合ってくれる先生にも 頭が下がる ケロ。

頭が下がる】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 頭が上がらない 、脱帽(だつぼう)する、敬意を表する、尊敬する、畏敬の念を抱く(いけい)、崇拝する(すうはい)
意味 ⇒ 尊敬せずにはいられないこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ