掃き溜めに鶴

【ことわざ・慣用句】掃き溜めに鶴(はきだめにつる)の意味・例文

意味 つまらない所に似合わない、優れたものや美しいものがあることのたとえ。
例文 弱小であるぼくたちのチームの中で、彼だけは 掃き溜めに鶴 のように優秀だった。
類義語 浮き立つような、異彩を放つ、類のない、掃き溜めの鶴
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

掃き溜めに鶴 とは:わかりやすい使い方の例

はきだめにつる:例文1
このゲームに登場するお姫様はかわいいケロ♪
掃き溜めに鶴とは:意味2
周りのキャラがむさ苦しい男ばかりだから、 掃き溜めに鶴 という感じケロね。
はきだめにつる:例文2
そのお姫様がさらわれちゃったケロ。悲しいケロ〜。
掃き溜めに鶴:意味3
早く助けてあげるケロ。それがこのゲームの目的ケロ。

掃き溜めに鶴】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 浮き立つような、異彩を放つ、類のない、掃き溜めの鶴
意味 ⇒ つまらない所に似合わない、優れたものや美しいものがあることのたとえ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ