下手の考え休むに似たり

【ことわざ・慣用句】下手の考え休むに似たり(へたのかんがえやすむににたり)の意味・例文

意味 よい考えも浮かばないのに、長く考え込むのは時間の無駄だということ
例文 いくら泥棒を捕まえたいからと言ってこんなところで待ち続けるなんて、 一生懸命考えてたけど 下手の考え休むに似たり だね。
類義語 役に立たない、不毛な、価値がない、建設的でない、考えが浅い、二階から目薬
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

下手の考え休むに似たり:わかりやすい使い方

へたのかんがえやすむににたり:例文1
できたケロ♪
下手の考え休むに似たり:意味2
消しゴムに何を書いているケロ?
へたのかんがえやすむににたり:例文2
見ちゃだめケロ!これは誰にも見られずに、好きな子の名前を書いた消しゴムを使い切ると両想いになれるっていうおまじないケロ!
下手の考え休むに似たり:意味3
さっきからあれこれ考えてたみたいだけど、そんなの 下手の考え休むに似たり ケロー。

下手の考え休むに似たり】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 役に立たない、不毛な、価値がない、建設的でない、考えが浅い、二階から目薬
意味 ⇒ よい考えも浮かばないのに、長く考え込むのは時間の無駄だということ

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ