弱肉強食(じゃくにくきょうしょく)

【四字熟語】弱肉強食(じゃくにくきょうしょく)の意味・例文

意味 弱いものが強いものにやっつけられること。
例文 大型スーパーができて商店街の店がつぶれた。まさに 弱肉強食 だ。
類義語 自然淘汰(しぜんとうた):強いものは生き残り、弱いものは滅んでいくということ、優勝劣敗(ゆうしょうれっぱい)、自然の摂理、自然の掟、適者生存、勝てば官軍負ければ賊軍
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

弱肉強食:わかりやすい使い方

弱肉強食:意味1
ケロゆう、まんじゅうが一個しかないから、パパと数学で勝負して勝った方が食べるケロ。 弱肉強食 ケロ♪
じゃくにくきょうしょく:例文1
パクッ♪
弱肉強食:意味2
コラー!ケロ。何で勝手に食べるケロ。
じゃくにくきょうしょく:例文2
油断大敵 ケロよ。

弱肉強食】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 自然淘汰、優勝劣敗、自然の摂理、自然の掟、適者生存、勝てば官軍負ければ賊軍
意味 ⇒ 弱いものが強いものにやっつけられること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ