器用貧乏

【四字熟語】器用貧乏(きようびんぼう)の意味・例文

意味 器用で色々なことができるが、どれもが中途半端で平凡なこと。
例文 〇〇君は真面目で成績は悪くないが、 器用貧乏 で特別に得意な科目はない。
類義語 多芸は無芸、どれも中途半端、どっちつかず、広く浅く、百芸は一芸の精しきに如かず
反対語 一極集中(一つのことに集中すること)、一芸に秀でる、とがった才能、異才、異色の才能
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。

YouTube動画で「器用貧乏」を見る

四字熟語【器用貧乏】をYouTube動画で何回も見ると意味や例文を忘れにくくなりますよ♪
※どんどんYouTubeに、四字熟語やことわざ動画を追加していきますので チャンネル登録 よろしくお願いします。
ケロケロ辞典YouTube

※注:一部の音声はAI(ロボット)のため発音(イントネーション)がおかしい所があります。それも含めて楽しんでことわざ「四字熟語」を覚えて下さいね♪

器用貧乏 とは:わかりやすい使い方の例

きようびんぼう:例文1
サッカー部の〇〇君は、キック力もドリブルもシュートもそこそこ上手だけど、レギュラーにはなってないケロ。
器用貧乏とは:意味2
そういうのを 器用貧乏 っていうケロ。シュートだけでも抜群にうまい子の方がレギュラーになりやすいケロ。
きようびんぼう:例文2
じゃあボクも国語やめて数学だけやるケロ。
器用貧乏:意味3
また自分に都合よく考えてるケロ。

器用貧乏】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。


器用貧乏の類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 多芸は無芸、どれも中途半端、どっちつかず、広く浅く、百芸は一芸の精しきに如かず
意味 ⇒ 器用で色々なことができるが、どれもが中途半端で平凡なこと。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ 一極集中(一つのことに集中すること)、一芸に秀でる、とがった才能、異才、異色の才能

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ