柔よく剛を制す

【ことわざ・慣用句】柔よく剛を制す(じゅうよくごうをせいす)の意味・例文

意味 弱い者(柔らかいもの)が強い者を負かすという意味。
例文 体が小さい子が相撲で大きい子に勝った。まさに 柔よく剛を制す だ。
類義語 柔能制剛、柳に雪折れなし、押して駄目なら引いてみな、力に勝るしなやかさ、北風と太陽
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

柔よく剛を制す:わかりやすい使い方

じゅうよくごうをせいす:例文1
野球の試合で強豪チームにホームランを3本も打たれたケロ
柔よく剛を制す:意味2
相手が強かったら仕方ないケロ。何対何で負けたケロか?
じゅうよくごうをせいす:例文2
ヒットとかバントとか盗塁とか小技で5対4で勝ったケロ
柔よく剛を制す:意味3
すごいケロ!まさに 柔よく剛を制す ケロね。

柔よく剛を制す】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 柔能制剛、柳に雪折れなし、押して駄目なら引いてみな、力に勝るしなやかさ、北風と太陽
意味 ⇒ 弱い者(柔らかいもの)が強い者を負かすという意味。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ