口が滑る

【ことわざ・慣用句】口が滑る(くちがすべる)の意味・例文

意味 言ってはいけないことを、ついうっかり言ってしまうこと。
例文 つい 口が滑り 、彼が仮病で休んでいることをバラシてしまった。
類義語 失言する、語るに落ちる、口走る、暴露する、勢い余って言ってしまう、つい口にする
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

口が滑る:わかりやすい使い方

くちがすべる:例文1
今日は先生に怒られてしまったケロ~。
口が滑る:意味2
どうしたケロ?
くちがすべる:例文2
ついうっかり口が滑って 先生がカツラを被っていることを友だちに言ってしまったケロ。それが先生にバレて放課後呼び出されたケロ。
口が滑る:意味3
口は災いの元 ケロね~。

口が滑る】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 失言する、語るに落ちる、口走る、暴露する、勢い余って言ってしまう、つい口にする
意味 ⇒ 言ってはいけないことを、ついうっかり言ってしまうこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ