肩で風を切る

【ことわざ・慣用句】肩で風を切る(かたでかぜをきる)の意味・例文

意味 肩を高くあげて得意そうに歩く様子。威張っていて偉そうにする様子。
例文 テストで学年1位だった友達は、 肩で風を切る ように廊下を歩いていた。
類義語 偉そうにする、威張る、幅を利かせる、大きな顔をする、ふんぞり返る、権力を笠に着る、肩を怒らせる
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

肩で風を切る とは:わかりやすい使い方の例

かたでかぜをきる:例文1
ふふふ。。。新しい靴を買っちゃったケロ。
肩で風を切るとは:意味2
機嫌がいいと思ったら、そういうわけだったケロね。
かたでかぜをきる:例文2
そうケロ。さっそくこれを履いて散歩に行くケロ。行ってきますケロ♪
肩で風を切る:意味3
ただの散歩なのに 肩で風を切って 家を出て行ったケロ。よほど新しい靴が気に入ったケロね。

肩で風を切る】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 偉そうにする、威張る、幅を利かせる、大きな顔をする、ふんぞり返る、権力を笠に着る、肩を怒らせる
意味 ⇒ 肩を高くあげて得意そうに歩く様子。威張っていて偉そうにする様子。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ