間一髪

【ことわざ・慣用句】間一髪(かんいっぱつ)の意味・例文

意味 危ないところ、窮地に陥る一歩手前のこと。
例文 間一髪 のところで、彼女は助かったようだ。
類義語 ギリギリ、きわどいところ、危ないところ、すんでのところ、危機一髪、かろうじて紙一重
反対語 余裕綽々、楽々セーフ
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて学習効率がいいですよ。

間一髪:わかりやすい使い方

かんいっぱつ:例文1
危なかったケロ!猫が車にひかれそうになったけど 間一髪 のところで車が急ブレーキを踏んでくれたケロ。
間一髪とは:意味2
猫が無事でよかったケロ!
かんいっぱつ:例文2
運転手さんもいい人で、その後猫に怪我がないか車から降りて確認していたケロ。
間一髪とは:意味3
優しい人ケロね♪

間一髪】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。


間一髪の類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に学習しよう。
類語 ⇒ ギリギリ、きわどいところ、危ないところ、すんでのところ、危機一髪、かろうじて、何とか
意味 ⇒ 危ないところ、窮地に陥る一歩手前のこと。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ 余裕綽々、楽々セーフ

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ