君子危うきに近寄らず

【ことわざ・慣用句】君子危うきに近寄らず(くんしあやうきにちかよらず)の意味・例文

意味 自分から進んで危ない場所には近づかないように、行動に気をつけるという意味。
例文 君子危うきに近寄らず 」という教えを守り、僕は幼い頃から危ないものには近づかないようにしてきた。
類義語 触らぬ神に祟りなし、対岸の火事、安全第一主義、関与しない、ノータッチ、、
反対語 火中の栗を拾う虎穴に入らずんば虎子を得ず、危ない橋を渡る、藪をつついて蛇を出す、寝た子を起こす
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて学習効率がいいですよ。

君子危うきに近寄らず:わかりやすい使い方

くんしあやうきにちかよらず:例文1
あそこで喧嘩をしている人がいるケロ!き、気になるケロ…。
君子危うきに近寄らずとは:意味2
君子危うきに近寄らず 』ケロよ。近寄らない方がいいケロ。
くんしあやうきにちかよらず:例文2
それは分かってるケロ…気になるケロ!何くわない顔をして近くを通ってみたいケロ!
君子危うきに近寄らずとは:意味3
それはただの野次馬魂ケロ…。

君子危うきに近寄らず】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。


君子危うきに近寄らずの類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に学習しよう。
類語 ⇒ 触らぬ神に祟りなし、対岸の火事、安全第一主義、関与しない、ノータッチ、、
意味 ⇒ 自分から進んで危ない場所には近づかないように、行動に気をつけるという意味。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ 火中の栗を拾う虎穴に入らずんば虎子を得ず、危ない橋を渡る、藪をつついて蛇を出す、寝た子を起こす

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ