盗人猛々しい

【ことわざ・慣用句】盗人猛々しい(ぬすっとたけだけしい)の意味・例文

意味 盗みや悪事をしながら平然としていたり、とがめられても居直ったりすることを非難して言う言葉。
例文 彼は人の物を盗んでおいて反省している様子もないので、 盗人猛々しい と思った。
類義語 ふてぶてしい、開き直る、悪びれない、非を認めない、臆面もない、面の皮が厚い
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

盗人猛々しい:わかりやすい使い方

盗人猛々しい:意味1
ケロゆう、また返ってきたテストを見せずに隠していたケロね!
ぬすっとたけだけしい:例文1
違うケロ。テストが勝手に隠れたケロ。ボクは悪くないケロ〜。
盗人猛々しい:意味2
盗人猛々しい ケロ。そんなこと言うならゲームを禁止するケロよ!
ぬすっとたけだけしい:例文2
わー、ごめんケロ!ちょっと冗談で言っただけケロ。謝るから許してケロ!

盗人猛々しい】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ ふてぶてしい、開き直る、悪びれない、非を認めない、臆面もない、面の皮が厚い
意味 ⇒ 盗みや悪事をしながら平然としていたり、とがめられても居直ったりすることを非難して言う言葉。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ