晴耕雨読

【四字熟語】晴耕雨読(せいこううどく)の意味・例文

意味 都会から離れて、静かな田舎で心穏やかに自由な生活を楽しんでいる様子のこと。
例文 僕にとっての田舎暮らしは 晴耕雨読 な生活で、この生活が性に合っていると感じている。
類義語 悠々自適、隠居生活、都会の喧騒を離れる、俗世間から遠ざかる、スローライフ
反対語 多事多端、息つく間もない、東奔西走、寝る間も惜しんで働く、馬車馬のように
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


晴耕雨読:わかりやすい使い方

せいこううどく:例文1
ここがパパの故郷ケロ?空気が澄んでいて気持ちがいいケロ!
晴耕雨読とは:意味2
懐かしいケロ!
せいこううどく:例文2
なんだか心が穏やかな気持ちになれるケロ~。
晴耕雨読とは:意味3
晴耕雨読 な生活に憧れて田舎暮らしをする人が増えたってテレビでも言ってけど、その気持ちがわかるケロ~。

晴耕雨読】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。


晴耕雨読の類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に学習しよう。
類語 ⇒ 悠々自適、隠居生活、都会の喧騒を離れる、俗世間から遠ざかる、スローライフ
意味 ⇒ 都会から離れて、静かな田舎で心穏やかに自由な生活を楽しんでいる様子のこと。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ 多事多端、息つく間もない、東奔西走、寝る間も惜しんで働く、馬車馬のように

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ