七転八起(しちてんはっき)

【四字熟語】七転八起(しちてんはっき)の意味・例文

意味 何度失敗してもくじけずにがんばり続けること。
例文 運動会の組み体操は練習で何度も失敗したが、 七転八起 で本番での成功を勝ち取った。
類義語 七転び八起き、捲土重来(けんどちょうらい)、手を替え品を替え、しぶとい、根気強い、粘り強い
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

七転八起:わかりやすい使い方

しちてんはっき:例文1
今日のサッカーの試合相手は大阪一位だったケロ。
七転八起:意味2
ケロゆうは何回ボール取られても 七転八起 で相手に立ち向かってたケロ。
しちてんはっき:例文2
勝てなくてもせめて1点だけでも取りたかったケロ。
七転八起:意味3
あきらめない心が大事ケロ。

七転八起】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 七転び八起き、捲土重来、手を替え品を替え、しぶとい、根気強い、粘り強い
意味 ⇒ 何度失敗してもくじけずにがんばり続けること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ