四苦八苦

【四字熟語】四苦八苦(しくはっく)の意味・例文

意味 思うようにならなくて、あれこれ悩むこと。
例文 文章を書くのが苦手なので、修学旅行の作文に 四苦八苦 した。
類義語 七転八倒悪戦苦闘、艱難辛苦、苦悩する、思い悩む、難航する
反対語 楽勝、へのかっぱ、お茶の子さいさい、苦もなく、労せずに、いとも簡単に、朝飯前
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


四苦八苦 とは:わかりやすい使い方の例

しくはっく:例文1
美術の工作苦手ケロ。細かい作業は嫌だケロ。
四苦八苦とは:意味2
この前もねんど細工の課題で 四苦八苦 してたケロね。
しくはっく:例文2
最初に四角のままで「豆腐です」って言ったら怒られたケロ。
四苦八苦:意味3
当たり前ケロ。

四苦八苦】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。


四苦八苦の類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 七転八倒悪戦苦闘、艱難辛苦、苦悩する、思い悩む、難航する
意味 ⇒ 思うようにならなくて、あれこれ悩むこと。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ 楽勝、へのかっぱ、お茶の子さいさい、苦もなく、労せずに、いとも簡単に、朝飯前

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ