七転八倒

【四字熟語】七転八倒(しちてんばっとう)の意味・例文

意味 激しい苦痛や悲しみなどで転げ回ること。またはひどく混乱している様子。
例文 風邪で高熱が出たために 七転八倒 した。
類義語 七転び八起き、四苦八苦、艱難辛苦、もがき苦しむ、あがく、のたうち回る、身をよじる
反対語 泰然自若、落ち着いている、冷静な、慌てない、平穏無事、余裕綽々、冷静沈着
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。

YouTube動画で「七転八倒」を見る

四字熟語【七転八倒】をYouTube動画で何回も見ると意味や例文を忘れにくくなりますよ♪
※どんどんYouTubeに、四字熟語やことわざ動画を追加していきますので チャンネル登録 よろしくお願いします。
ケロケロ辞典YouTube

※注:一部の音声はAI(ロボット)のため発音(イントネーション)がおかしい所があります。それも含めて楽しんでことわざ「四字熟語」を覚えて下さいね♪

七転八倒 とは:わかりやすい使い方の例

しちてんばっとう:例文1
ぐわーっケロ!
七転八倒とは:意味2
床を転げ回ってどうしたケロ!?
しちてんばっとう:例文2
足の小指を思いっきりタンスにぶつけたケロ!痛いケロ!
七転八倒:意味3
そ、それは 七転八倒 するのも無理はないケロ。。。

七転八倒】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。


七転八倒の類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 七転び八起き、四苦八苦、艱難辛苦、もがき苦しむ、あがく、のたうち回る、身をよじる
意味 ⇒ 激しい苦痛や悲しみなどで転げ回ること。またはひどく混乱している様子。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ 泰然自若、落ち着いている、冷静な、慌てない、平穏無事、余裕綽々、冷静沈着

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ