主客転倒(しゅかくてんとう)

【四字熟語】主客転倒(しゅかくてんとう)の意味・例文

意味 客と主人の力関係のように、ものごとの立場が逆転すること。
例文 先生が生徒の親に気を使うなんて 主客転倒 もいいところだ。
類義語 本末転倒 、主客が入れ替わる、立場を変える、形勢逆転、序列が反転する
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

主客転倒:わかりやすい使い方

しゅかくてんとう:例文1
今日友達の家に行って遊んでたらいつの間にかソファーで寝てたケロ。
主客転倒:意味2
友達はどうしてたケロ。
しゅかくてんとう:例文2
友達も廊下で寝てたケロ。
主客転倒:意味3
ケロゆうがソファーで友達が廊下って 主客転倒 ケロ。
しゅかくてんとう:例文3
友達にも「誰の家やと思ってんねん」って言われたケロ。

主客転倒】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 本末転倒 、主客が入れ替わる、立場を変える、形勢逆転、序列が反転する
意味 ⇒ 客と主人の力関係のように、ものごとの立場が逆転すること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ