赤子の手をひねる

【ことわざ・慣用句】赤子の手をひねる(あかごのてをひねる)の意味・例文

意味 力のないものを簡単に負かしたり、物事を容易に行うこと。
例文 今回の試合の相手は1年生か。3年生の僕にとったら 赤子の手をひねる ようなも のだな。
類義語 お茶の子さいさい、お安いご用、楽勝、へのかっぱ、恐れるに足りない、苦もなく
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

赤子の手をひねる とは:わかりやすい使い方の例

赤子の手をひねるとは:意味1
ケロゆう、数学100点満点だったケロか!頑張ったケロね!
あかごのてをひねる:例文1
楽勝ケロ。僕は数学が得意ケロ~♪
赤子の手をひねるとは:意味2
ケロゆうにとって数学は 赤子の手をひねる ようなものケロね!ところで国語はどうだったケロ?
あかごのてをひねる:例文2
zzz。。。ケロ。
赤子の手をひねる:意味3
おーい、ケロゆう、気絶してる場合じゃないケロ。

赤子の手をひねる】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ お茶の子さいさい、お安いご用、楽勝、へのかっぱ、恐れるに足りない、苦もなく
意味 ⇒ 力のないものを簡単に負かしたり、物事を容易に行うこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ