薄利多売

【四字熟語】薄利多売(はくりたばい)の意味・例文

意味 ひとつひとつの商品の利益を少なくして、たくさん売ることで全体として利益をあげること。
例文 薄利多売 の方針なのか、そのハンバーガーショップの商品はどれも安かった。
類義語 安値で売り飛ばす、二束三文、格安販売 ⇒ ( いずれも「で多く売る」 )
反対語 濡れ手で粟、ボロ儲け、荒稼ぎ、採算性が高い、濡れ手に粟厚利少売:利益が高いものを少量売ること。
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


薄利多売 とは:わかりやすい使い方の例

はくりたばい:例文1
このお菓子すごく安かったケロ♪でもこんなに安く売って儲かるケロ?
薄利多売とは:意味2
薄利多売 ケロね。ひとつだけなら利益は少ないけど、たくさん売れるからちゃんと儲かるケロ。
はくりたばい:例文2
たしかにたくさん売れているみたいケロ。ボクなんて100個も買っちゃったケロ♪
薄利多売:意味3
それは買い過ぎケロ!

薄利多売】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。


薄利多売の類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 安値で売り飛ばす、二束三文、格安販売 ⇒ ( いずれも「で多く売る」 )
意味 ⇒ ひとつひとつの商品の利益を少なくして、たくさん売ることで全体として利益をあげること。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ 濡れ手で粟、ボロ儲け、荒稼ぎ、採算性が高い、厚利少売、濡れ手に粟

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ