一目置く

【ことわざ・慣用句】一目置く(いちもくおく)の意味・例文

意味 相手を自分より優れてると認めて敬意を払うこと。
例文 彼の行動力はずば抜けていて、みんな彼には 一目置いて いる。
類義語 敬意を払う、敬意を表する、畏敬の念をいだく(いけいのねん)、敬服する、一目も二目も置く
反対語 軽蔑する、下に見る、軽く見る
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

一目置く とは:わかりやすい使い方の例

いちもくおく:例文1
僕の中学の生徒会長はスポーツ万能で勉強もできて、女子にもてるケロ。
一目置くとは:意味2
皆に 一目置かれる 存在ケロね。若い時のパパみたいだケロ。
いちもくおく:例文2
ぷっ。。。ケロ。
一目置く:意味3
その疑いの目は何ケロ!信じてないケロねー!!

一目置く】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 敬意を払う、敬意を表する、畏敬の念をいだく(いけいのねん)、敬服する、一目も二目も置く
意味 ⇒ 相手を自分より優れてると認めて敬意を払うこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ