雨後のたけのこ

【ことわざ・慣用句】雨後のたけのこ(うごのたけのこ)の意味・例文

意味 同じような物事が次々に現れたり起こったりすること。
例文 このあたりでは似たような家が 雨後のたけのこ のように建ち続けている。
類義語 次々に、どんどんと、続々と出てくる、後から後から、矢継ぎ早に、ひっきりなしに
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

雨後のたけのこ:わかりやすい使い方

うごのたけのこ:例文1
このゲームが大ヒットしたせいか、最近似たようなゲームがたくさん発売されているケロ。
雨後のたけのこ:意味2
まるで 雨後のたけのこ ケロね。どのゲームメーカーも流行に乗ろうとしているケロ。
うごのたけのこ:例文2
でもボクは流行に乗らず、全然違うゲームを買うケロ♪
雨後のたけのこ:意味3
結局は似たようなゲームケロ。パパからしたら大同小異 ケロ。

雨後のたけのこ】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 次々に、どんどんと、続々と出てくる、後から後から、矢継ぎ早に、ひっきりなしに
意味 ⇒ 同じような物事が次々に現れたり起こったりすること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ