同じ過ちを繰り返す

【ことわざ・慣用句】同じ過ちを繰り返す(おなじあやまちをくりかえす)の意味・例文

意味 同じ失敗を何度もしてしまうこと。
例文 彼は大失敗をして上司に大激怒されたのに、また 同じ過ちを繰り返す なんて、反省していないに違いない。
類義語 同じ轍を踏む、二の舞い、二度あることは三度ある、この道はいつか来た道、懲りない
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


同じ過ちを繰り返す:わかりやすい使い方

おなじあやまちをくりかえす:例文1
また同じところを間違えてしまったケロ。
同じ過ちを繰り返す:意味2
落ち込むことないケロ。何回もすれば必ず覚えられるケロよ。
おなじあやまちをくりかえす:例文2
そうケロよね!じゃ、遊びに行ってくるケロ♪
同じ過ちを繰り返す:意味3
全然落ち込んでいないケロ!? 同じ過ちを繰り返す のは全く気にしていないからケロね!

同じ過ちを繰り返す】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 同じ轍を踏む、二の舞い、二度あることは三度ある、この道はいつか来た道、懲りない
意味 ⇒ 同じ失敗を何度もしてしまうこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ