一を聞いて十を知る

【ことわざ・慣用句】一を聞いて十を知る(いちをきいてじゅうをしる)の意味・例文

意味 物事の一部だけを聞いて、全体を理解できること。
例文 息子は子供の頃から 一を聞いて十を知る ことができる子だった。
類義語 飲み込みが早い、目から鼻へぬける、察しが良い、物覚えがいい、理解力が高い、頭の回転がいい
反対語 一を知りて二を知らず、目から耳へ抜ける
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

一を聞いて十を知る とは:わかりやすい使い方の例

いちをきいてじゅうをしる:例文1
中学生になって勉強が難しくなったケロ。一回やっただけではなかなか覚えられないケロ。
一を聞いて十を知るとは:意味2
中には 一を聞いて十を知る ことが出来る人もいるけど、毎日コツコツすることが大切だケロー。
いちをきいてじゅうをしる:例文2
毎日コツコツ…大変ケロ。
一を聞いて十を知る:意味3
継続は力なりケロよ~。

一を聞いて十を知る】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 飲み込みが早い、目から鼻へぬける、察しが良い、物覚えがいい、理解力が高い、頭の回転がいい
意味 ⇒ 物事の一部だけを聞いて、全体を理解できること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ