一攫千金(いっかくせんきん)

【四字熟語】一攫千金(いっかくせんきん)の意味・例文

意味 少ない努力で大きなお金を手に入れようとすること。
例文 一攫千金 を狙って宝くじをたくさん買ったが全く当たらなかった。
類義語 ひと山当てる、一獲千金、ボロ儲け、 ひと儲け、丸儲け、荒稼ぎ、濡れ手で粟、あぶく銭
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

一攫千金 とは:わかりやすい使い方の例

いっかくせんきん:例文1
大人になったらスーパーカーに乗りたいケロ♪
一攫千金とは:意味2
じゃあ頑張って勉強して仕事して稼ぐケロよ。
いっかくせんきん:例文2
宝くじ当てるケロ~♪
一攫千金:意味3
一攫千金 を狙ってもなかなか当たるもんじゃないケロ。地道に努力するケロよ!

一攫千金】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ ひと山当てる、一獲千金、ボロ儲け、 ひと儲け、丸儲け、荒稼ぎ、濡れ手で粟、あぶく銭
意味 ⇒ 少ない努力で大きなお金を手に入れようとすること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ