目先の利益

【ことわざ・慣用句】目先の利益(めさきのりえき)の意味・例文

意味 目の前にある小さな利益のこと。
例文 目先の利益 にとらわれてばかりいたら大切なものを見失う」と言うのは父の口癖だった。
類義語 当面の利益、当座の儲け、目の前の利益、手近の成功、小さな成功、ちっぽけな儲け 
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


目先の利益:わかりやすい使い方

めさきのりえき:例文1
お店のポイントを貯めてカバンをもらったケロ。
目先の利益:意味2
時計と交換したいからもっとポイントを貯めるって言ってなかったケロ?
めさきのりえき:例文2
それが時計のポイントになるまで我慢できなくて…簡単にもらえるもので引き換えたケロ。
目先の利益:意味3
目先の利益 を取ってしまったケロね。ケロゆうらしいケロ。。

目先の利益】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 当面の利益、当座の儲け、目の前の利益、手近の成功、小さな成功、ちっぽけな儲け 
意味 ⇒ 目の前にある小さな利益のこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ