取り急ぎ

【ことわざ・慣用句】取り急ぎ(とりいそぎ)の意味・例文

意味 とりあえず急いでという意味で、十分な準備や対応が出来ていないときに使う言葉。
例文 明日の野球の試合が中止となりましたので 取り急ぎ ご連絡しました。
類義語 早急に、一刻も早く、可及的速やかに、急いで、なるはやで、大至急、大慌てで、ひとまず
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


取り急ぎ:わかりやすい使い方

取り急ぎ:意味1
取り急ぎ 会議の参加予定者をお伝えします…と、よし、送信!ケロ。
とりいそぎ:例文1
会社関係のメールケロ?休みの日まで大変ケロね。
取り急ぎ:意味2
パパは仕事が嫌いじゃないから苦にならないケロ。
とりいそぎ:例文2
カッコいいケロ!僕は…休みの日まで勉強はしたくないケロ。

取り急ぎ】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 早急に、一刻も早く、可及的速やかに、急いで、なるはやで、大至急、大慌てで、ひとまず
意味 ⇒ とりあえず急いでという意味で、十分な準備や対応が出来ていないときに使う言葉。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ