未曾有

【ことわざ・慣用句】未曾有(みぞう)の意味・例文

意味 これまでに一度もなかったという意味。
例文 未曾有 の出来事に遭遇して、彼は動くことが出来なかったらしい。
類義語 類の無い、前例のない、前代未聞、空前絶後、前人未踏、今までに一度もない、未経験
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

未曾有:わかりやすい使い方

みぞう:例文1
せっかくパパと釣りに来たのにまだ1匹も釣れてないケロ~。
未曾有:意味2
あ、パパのほうに強い引きが…えい!
みぞう:例文2
釣れたケロ!
未曾有:意味3
わぁ、すごく大きな魚ケロ!まさに 未曽有 の出来事ケロ!!
みぞう:例文3
僕は全然釣れないからつまらないケロ~。

未曾有】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 類の無い、前例のない、前代未聞、空前絶後、前人未踏、今までに一度もない、未経験
意味 ⇒ これまでに一度もなかったという意味。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ