前人未踏(ぜんじんみとう)

【四字熟語】前人未踏(ぜんじんみとう)の意味・例文

意味 いまだかつて誰も成功していないこと。誰も行ったことがないところ。
例文 冒険家が 前人未踏 のアマゾンの山奥を目指して出発した。
類義語 前代未聞空前絶後、後にも先にも、未開拓、未開の土地、偉業を成し遂げる
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

前人未踏:わかりやすい使い方

ぜんじんみとう:例文1
ボク高校の野球部で甲子園目指すケロ。
前人未踏:意味2
去年は1回戦でボロ負けしてたケロ。これまで最高は何回戦まで進んだケロ?
ぜんじんみとう:例文2
2回戦が最高ケロ。
前人未踏:意味3
じゃあ3回戦まで進んだら、ケロゆうの高校にとっては 前人未踏 の記録になるケロ。
ぜんじんみとう:例文3
前人未踏 の記録を打ち立てるケロ♪

前人未踏】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 前代未聞空前絶後、後にも先にも、未開拓、未開の土地、偉業を成し遂げる
意味 ⇒ いまだかつて誰も成功していないこと。誰も行ったことがないところ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ