千載一遇(せんざいいちぐう)

【四字熟語】千載一遇(せんざいいちぐう)の意味・例文

意味 千年に一度しかめぐりあえないほどのめったにない機会。
例文 席替えで気になる人の隣になれた。仲良くなる 千載一遇 のチャンスだ。
類義語 一世一代空前絶後一期一会、またとないチャンス
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

千載一遇:わかりやすい使い方

せんざいいちぐう:例文1
今日のサッカーの試合、フリーでパスをもらったのにシュートを外しちゃったケロ。。。
千載一遇:意味2
千載一遇 のチャンスを逃したケロね。
せんざいいちぐう:例文2
でもそのあと 無我夢中 で頑張っていたら、点を決めることができたケロ♪
千載一遇:意味3
諦めなければチャンスはめぐってくるケロ♪

千載一遇】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 一世一代空前絶後一期一会、またとないチャンス
意味 ⇒ 千年に一度しかめぐりあえないほどのめったにない機会。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ