頭角を現す

【ことわざ・慣用句】頭角を現す(とうかくをあらわす)の意味・例文

意味 才能や技術などが周りの人よりもすぐれて目立ってくる。
例文 人をまとめる力がついて、彼は生徒会長として 頭角を現して きた。
類義語 台頭する、目立ってくる、抜きん出る、飛躍する、躍進する、ずば抜ける、飛び抜ける、群を抜く
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

頭角を現す:わかりやすい使い方

とうかくをあらわす:例文1
最近サッカーがうまくなってきたケロ♪
頭角を現す:意味2
試合でも存在感が増したケロ。頭角を現してきたケロね。
とうかくをあらわす:例文2
これならプロサッカー選手も夢じゃないケロ♪
頭角を現す:意味3
そんなに甘くないケロよ。でも応援するケロ。

頭角を現す】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 台頭する、目立ってくる、抜きん出る、飛躍する、躍進する、ずば抜ける、飛び抜ける、群を抜く
意味 ⇒ 才能や技術などが周りの人よりもすぐれて目立ってくる。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ