義理人情

【ことわざ・慣用句】義理人情(ぎりにんじょう)の意味・例文

意味 人として守らなければいけないルールを守り、他者への思いやりも持っていること。
例文 義理人情 に厚い彼女はクラス中の皆から信頼される人物だ。
類義語 義理立て、情けを掛ける、仲間意識、信頼関係、思いやり
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


義理人情:わかりやすい使い方

ぎりにんじょう:例文1
生徒会長は 義理人情 に厚くてクラスの人気者ケロ。
義理人情:意味2
信頼されてるケロね。
ぎりにんじょう:例文2
誰に対しても優しいし、正義感に溢れていて憧れるケロ!僕もそういう人になりたいケロ~。
義理人情:意味3
パパもそういう人になりたいケロ。親子そろって自分磨きをするケロね♪

義理人情】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 義理立て、情けを掛ける、仲間意識、信頼関係、思いやり
意味 ⇒ 人として守らなければいけないルールを守り、他者への思いやりも持っていること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ