意味と例文@ことわざと四字熟語のケロケロ辞典

ことわざ・四字熟語・慣用句・故事成語の意味や例文や使い方が小学生にも分かりやすい辞書。カエル親子の会話で小学校低学年や高学年の子供に説明したり中学生・高校生・受験生の学習にも最適。YouTube動画やクイズもあるよ♪

「て」から始まることわざ・四字熟語

敵は本能寺にあり

【ことわざ・慣用句】敵は本能寺にあり(てきはほんのうじにあり)の意味・例文 意味 本当の目的は別のところにあるという意味。 例文 内申点を上げるためにボランティア活動をしていたなんて…まさに 敵は本能寺にあり だな。 類 […]

手塩にかける

【ことわざ・慣用句】手塩にかける(てしおにかける)の意味・例文 意味 自ら面倒を見て大切に育てること。 例文 これは私の畑で 手塩にかけて 育てた有機野菜です。 類義語 目をかける、かわいがる、寵愛する、大切に育てる、手 […]

伝家の宝刀

【ことわざ・慣用句】伝家の宝刀(でんかのほうとう)の意味・例文 意味 いざという時だけに使うもの。切り札。 例文 遅刻しそうだったので我が家のルールでは 伝家の宝刀 であるタクシーを使った。 類義語 切り札、とっておき、 […]

手をこまねく

【ことわざ・慣用句】手をこまねく(てをこまねく)の意味・例文 意味 手を出せずにいる。何もしないで見ている。 例文 ふたりのケンカには 手をこまねいて いる。 類義語 手が出せない、何もしないで見ている、傍観する、あとは […]

出る杭は打たれる

【ことわざ・慣用句】出る杭は打たれる(でるくいはうたれる)の意味・例文 意味 普通の人よりも才能がある人は、他の人から憎まれる。また、余計なことをする人は、他の人から非難され罰を受ける。 例文 出る杭は打たれる で、好き […]

手も足も出ない

【ことわざ・慣用句】手も足も出ない(てもあしもでない)の意味・例文 意味 なす術がない。力が足りなくてどうしようもない。 例文 テストを受けたが、勉強不足で 手も足も出なかった 。 類義語 歯が立たない、太刀打ちできない […]

鉄は熱いうちに打て

【ことわざ・慣用句】鉄は熱いうちに打て(てつはあついうちにうて)の意味・例文 意味 柔軟で成長できる若いうちに鍛えるべきである。また、人の熱意があるうちに事を運ぶべきである、ということのたとえ。 例文 鉄は熱いうちに打て […]

天真爛漫

【四字熟語】天真爛漫(てんしんらんまん)の意味・例文 意味 自分のことを飾らず、ありのままで無邪気で明るいこと。 例文 女優の〇〇さんは 天真爛漫 なところが人気の理由だ。 類義語 純真無垢、天衣無縫、素朴、純朴、純情、 […]

手前味噌

【四字熟語】手前味噌(てまえみそ)の意味・例文 意味 自分がしたことや作ったものを自分でほめること。(自分の所属する組織や家族を自慢する場合も) 例文 手前味噌 だが、私の学校は勉強もスポーツも一流だと思う。 類義語 自 […]

適材適所

【四字熟語】適材適所(てきざいてきしょ)の意味・例文 意味 その人の能力にふさわしい地位や仕事を与えること。 例文 野球部のキャプテンは、適材適所 で部員の守備位置を決めた。 類義語 一人一人の才能を活かす、個々の力を有 […]

天変地異

【四字熟語】天変地異(てんぺんちい)の意味・例文 意味 「台風」「地震」「火山噴火」など自然界に起こる異変のこと。 例文 今年の日本は台風や大雨による洪水など 天変地異 が多い年だった。 類義語 大規模な自然災害、天地に […]

電光石火

【四字熟語】電光石火(でんこうせっか)の意味・例文 意味 動きが非常に素早いことのたとえ 例文 サッカーの試合で 電光石火 の攻撃により、開始1分でシュートが決まった。 類義語 疾風迅雷、生き馬の目を抜く、目にも留まらぬ […]