意味と例文@ことわざと四字熟語のケロケロ辞典

ことわざ・四字熟語・慣用句・故事成語の意味や例文や使い方が小学生にも分かりやすい辞書。カエル親子の会話で小学校低学年や高学年の子供に説明したり中学生・高校生・受験生の学習にも最適。YouTube動画やクイズもあるよ♪

「四字熟語・故事成語」の記事一覧

三つ子の魂百まで

【ことわざ・慣用句】三つ子の魂百まで(みつごのたましいひゃくまで)の意味・例文 意味 幼い頃の性質は、年をとっても変わらないという意味。 例文 三つ子の魂百まで というが、今の状況を変えるために心機一転、生まれ変わった気 […]

後生大事

【ことわざ・慣用句】後生大事(ごしょうだいじ)の意味・例文 意味 物事や物を大切にすること。心を込めて物事に励むこと。 例文 私が 後生大事 にしているのは母から教えてもらった「諦めなければ道は開ける」という教えだ。 類 […]

生生流転

【ことわざ・慣用句】生生流転(せいせいるてん)の意味・例文 意味 全てのものは生まれてきては変化して、絶えず移り変わっていくという意味。 例文 この世の生き物は例外なく 生生流転 だと祖父は生前よく僕に言っていた。 類義 […]

光陰流水

【ことわざ・慣用句】光陰流水(こういんりゅうすい)の意味・例文 意味 月日はとどまることなく、あっという間に過ぎてしまうというたとえ。 例文 君と出会ってもう10年がたったなんて、まさに 光陰流水 の如しとはこのことだ。 […]

医食同源

【四字熟語】医食同源(いしょくどうげん)の意味・例文 意味 日常の食事に気を配ることが一番の病気の予防になるので、日頃からバランスの良い美味しい食事を摂ることで病気の予防や治療をしようという考え方のこと。 例文 医食同源 […]

横行闊歩

【四字熟語】横行闊歩(おうこうかっぽ)の意味・例文 意味 威張って自分勝手に歩き回ったり、ほしいままに振舞うこと。 例文 クラスでも不良と認知している彼は夜の街を仲間と共に 横行闊歩 していた。 類義語 肩で風を切る、厚 […]

欣喜雀躍

【四字熟語】欣喜雀躍(きんきじゃくやく)の意味・例文 意味 喜びや驚きをその場で大きくジャンプすることで表現すること。 例文 私の高校受験の合格を担任の先生は、 欣喜雀躍 して喜んでくれた。 類義語 狂喜乱舞、歓喜の渦、 […]

知行合一

【四字熟語】知行合一(ちこうごういつ)の意味・例文 意味 知識は行動が伴って初めて意味があるものだという考えかたのこと。 例文 ダイエットの本を読んだという彼がお菓子をむさぼる姿は、 知行合一 を意識していないように感じ […]

一新更始

【四字熟語】一新更始(いっしんこうし)の意味・例文 意味 新しいことを始めるタイミングで、古いものを新しいものに全て変えること。 例文 今日から高校生なので一新更始し、人気者になるために明るいキャラで過ごすことに決めた。 […]

朝令暮改

【四字熟語】朝令暮改(ちょうれいぼかい)の意味・例文 意味 命令や指示がころころと変わること。 例文 上司は 朝令暮改 で日によって言っていることは違うので皆困っている。 類義語 言うことが二転三転する、日和見、猫の目、 […]

帰一倍一

【四字熟語】帰一倍一(きいちばいいち)の意味・例文 意味 算盤を使った二桁以上の割り算で、商が大きすぎる際に商から一を引き,被除数に除数と同じ数を一回加える時の呼び方。 例文 帰一倍一 という言葉を知っていて驚かれたが、 […]

新進気鋭

【四字熟語】新進気鋭(しんしんきえい)の意味・例文 意味 新しくその分野に現れたばかりなのに非常に勢いの強い人のこと。またはその様子。 例文 彼はまだ新人なのに頭角を現した。まさに 新進気鋭 な新人と呼ぶにふさわしい。 […]

青雲之志

【四字熟語】青雲之志(せいうんのこころざし)の意味・例文 意味 徳を磨いて立派になろうとする気持ち。 例文 青雲之志 を持ってこの業界で一生頑張っていく決意だ。 類義語 上昇志向、覇気がある、やる気に満ちた、意気軒昂な、 […]

泰山北斗

【四字熟語】泰山北斗(たいざんほくと)の意味・例文 意味 特定の分野で優れている人のこと。 例文 彼はこの分野において 泰山北斗 だと言える1000年に1人の天才だ。 類義語 第一人者、専門家、オーソリティー、権威、重鎮 […]

破顔一笑

【四字熟語】破顔一笑(はがんいっしょう)の意味・例文 意味 緊張や不安で顔がこわばっていた人が、思わず笑ってしまった状態のこと。 例文 一人息子の大学合格の知らせを聞いて、母親は破顔一笑した。 類義語 喜色満面、満面の笑 […]

杓子定規

【四字熟語】杓子定規(しゃくしじょうぎ)の意味・例文 意味 1つの視点でしか物事を見ようとせず、融通が利かないこと。 例文 君の言っていることは間違いではないが、そんな 杓子定規 な考えでいるよりもっと柔軟に考えたほうが […]

大和撫子

【四字熟語】大和撫子(やまとなでしこ)の意味・例文 意味 清楚で美しく、男性を立てるような振舞いができる女性のこと。 例文 彼女は見た目も中身も美しく、まさに 大和撫子 という言葉が似合う女性だ。 類義語 立てば芍薬坐れ […]

聖人君子

【四字熟語】聖人君子(せいじんくんし)の意味・例文 意味 男性に対して使う言葉で、人格・知性ともに優れた偉大な人物という意味。 例文 彼は 聖人君子 のような人で、人々から称賛されている。 類義語 人格者、聖人賢者、崇高 […]

君子豹変

【四字熟語】君子豹変(くんしひょうへん)の意味・例文 意味 すぐに意見や態度を変えること。変わり身の早いこと。 例文 兄は私の前では偉そうだったのに、父が来ると 君子豹変 し、急に大人しくなった。 類義語 手のひらを返す […]

名字帯刀

【四字熟語】名字帯刀(みょうじたいとう)の意味・例文 意味 江戸時代に平民が家柄や功労により姓を名乗って、刀をさすことを許されたこと。 例文 名字帯刀 は江戸時代、武士の特権で、豪農・豪商だけが例外として許可されていた。 […]

鯨飲馬食

【四字熟語】鯨飲馬食(げいいんばしょく)の意味・例文 意味 信じられないほどよく飲み、よく食べること。 例文 彼女の華奢な身体からは想像できないほどの 鯨飲馬食 の食いっぷりにその場の誰もが目を見張った。 類義語 暴飲暴 […]

天空海闊

【四字熟語】天空海闊(てんくうかいかつ)の意味・例文 意味 空や海のような広々としたおおらかな性格のこと。 例文 父は 天空海闊 で周囲の誰からも愛されている。 類義語 度量が大きい、器が大きい、包容力がある、寛大な心、 […]

気宇壮大

【四字熟語】気宇壮大(きうそうだい)の意味・例文 意味 心意気や想像力が人並外れて立派で壮大であること。 例文 幼馴染の彼は昔から 気宇壮大 の夢を持っていたが、実現させたので本当にすごいと思う。 類義語 気宇広大、スケ […]

時雨之化

【四字熟語】時雨之化(じうのか)の意味・例文 意味 徳の備わった人や聖人の教えが人々に広がっていくこと。 例文 あの時の先生の指導はまさに 時雨之化 で、お陰で僕たちは感謝を忘れない大人へと成長できた。 類義語 垂拱之化 […]

四神相応

【四字熟語】四神相応(しじんそうおう)の意味・例文 意味 風水において、地上で最も良い地形のこと。四神とは東の青龍・南の朱雀・西の白虎・北の玄武。 例文 ここは 四神相応 の地なのでとても縁起が良い土地だ。 類義語 四地 […]

呆然自失

【四字熟語】茫然自失(ぼうぜんじしつ)の意味・例文 意味 気が抜けてぼんやりしてしまうこと。呆然自失とも書く。 例文 ずっと片思いだった先輩が結婚すると聞かされ、 呆然自失 としてしまった。 類義語 あっけに取られる、言 […]

臥薪嘗胆

【四字熟語】臥薪嘗胆(がしんしょうたん)の意味・例文 意味 目的を果たすために、苦難に耐えて機会を待つこと。 例文 臥薪嘗胆 の思いで今日まで頑張ってきた甲斐があった。 類義語 不撓不屈、堅忍不抜、艱難辛苦、骨が折れる、 […]

百花繚乱

【四字熟語】百花繚乱(ひゃっかりょうらん)の意味・例文 意味 秀でた能力を持っている人が同じ時期に多く現れ、沢山の素晴らしい成果を残すこと。 例文 そのパーティは美男美女のセレブたちが集まっていてまさに 百花繚乱 だった […]

罵詈雑言

【四字熟語】罵詈雑言(ばりぞうごん)の意味・例文 意味 悪口を並べて相手をののしること。 例文 ライバルチームからの 罵詈雑言 に、僕はすっかり戦意を喪失してしまった。 類義語 悪口雑言、誹謗中傷、罵倒する、罵声を浴びせ […]

誹謗中傷

【四字熟語】誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)の意味・例文 意味 根拠のない悪口を言いふらして、相手を傷つける行為のこと。 例文 ネットでの 誹謗中傷 は、書かれた相手の心を深く傷つける行為になるので絶対にしてはいけない。 […]

百戦錬磨

【四字熟語】百戦錬磨(ひゃくせんれんま)の意味・例文 意味 いくつもの実戦を積み、鍛えられること。 例文 入社して間もない私のところに、何十年も会社に貢献してきた 百戦錬磨 の先輩が挨拶に来てくれた。 類義語 海千山千、 […]

鶏口牛後

【四字熟語】鶏口牛後(けいこうぎゅうご)の意味・例文 意味 大きな組織の中で下の立場でいるより、小さな組織でトップにいた方が良いという意味。 例文 兄は会社を辞めて、自分で店を立ち上げた。まさに 鶏口牛後 だ。 類義語 […]

日々感謝

【四字熟語】日々感謝(ひびかんしゃ)の意味・例文 意味 毎日物事に感謝をすること。 例文 いつも身の回りのことをしてくれる母に 日々感謝 をし、今日も1日頑張ろうと思う。 類義語 何事にも感謝、恩義を感じる、足を向けて寝 […]

文武両道

【四字熟語】文武両道(文武両道)の意味・例文 意味 勉学とスポーツの両面に優れていること。 例文 彼女は勉強も運動もできて… 文武両道 で生徒たちからの人気も高い。 類義語 文武二道、文武兼備、才色兼備、併せ持つ、二刀流 […]

完全燃焼

【四字熟語】完全燃焼(かんぜんねんしょう)の意味・例文 意味 全力を出し切って物事に取り組むこと。 例文 今回のテストでの僕はしっかり勉強の成果がだせたと思う。 完全燃焼 して今は清々しい気持ちでいっぱいだ! 類義語 全 […]

猪突猛進

【四字熟語】猪突猛進(ちょとつもうしん)の意味・例文 意味 後先を考えず、ひたすら目の前にある目標だけを目指して行動すること。 例文 彼女はいつも 猪突猛進 で、どうやら考えるより先に体が動いてしまうらしい。 類義語 前 […]

晴耕雨読

【四字熟語】晴耕雨読(せいこううどく)の意味・例文 意味 都会から離れて、静かな田舎で心穏やかに自由な生活を楽しんでいる様子のこと。 例文 僕にとっての田舎暮らしは 晴耕雨読 な生活で、この生活が性に合っていると感じてい […]

和顔愛語

【四字熟語】和顔愛語(わげんあいご)の意味・例文 意味 和やかな笑顔と思いやりのある話し方で人に接すること。親しみやすいふるまいのこと。 例文 和顔愛語 で人に相手に接することが、相手に良い印象を持たれるコツだと先生は言 […]

自己責任

【四字熟語】自己責任(じこせきにん)の意味・例文 意味 自分の行動の責任は全て自分にあるという意味。 例文 これから社会人になる私に父は「これからはなんでも 自己責任 で頑張るように」と告げた。 類義語 墓穴を掘る、身か […]

一日一善

【四字熟語】一日一善(いちにちいちぜん)の意味・例文 意味 一日一つは良いことをして、善い行いを毎日積み重ねていきなさいという教え。 例文 僕は 一日一善 と決めて、毎日実行に移している。 類義語 勧善懲悪、嘉言善行、善 […]

粉骨砕身

【四字熟語】粉骨砕身(ふんこつさいしん)の意味・例文 意味 全力を尽くして一生懸命に取り組むこと。 例文 仕事は初めは分からないことだらけだけど、 粉骨砕身 の気持ちで頑張るつもりだ。 類義語 全身全霊、邁進する、力の限 […]

不撓不屈

【四字熟語】不撓不屈(ふとうふくつ)の意味・例文 意味 強い意志を持ち、どんな苦難や困難にも心が屈しないこと。 例文 人生の苦難を乗り越えるためには 不撓不屈 の精神が大切だと父から教えられた。 類義語 七転八起、堅忍不 […]

一意専心

【四字熟語】一意専心(いちいせんしん)の意味・例文 意味 他のことは考えず、ひたすら一つのことに集中すること。 例文 一意専心 の気持ちでテスト勉強に取り組む。 類義語 一生懸命、一心不乱、猪突猛進、邁進する、熱中する、 […]

独立独歩

【四字熟語】独立独歩(どくりつどっぽ)の意味・例文 意味 他人に頼らず自分の思うままの道を進んでいくこと。 例文 初めて一人暮らしをした息子のことは心配だが、息子の 独立独歩 を親として静かに見守っていこう。 類義語 自 […]

初志貫徹

【四字熟語】初志貫徹(しょしかんてつ)の意味・例文 意味 初めに決めた志を最後まで貫き通すこと。 例文 自らの夢を実現するためには、 初志貫徹 の精神を強く持つことが大切だと思う。 類義語 終始一貫、首尾一貫、貫き通す、 […]

運否天賦

【四字熟語】運否天賦(うんぷてんぷ)の意味・例文 意味 上手くいくかどうか人の運命は天が定めるものという意味 例文 やるだけのことはやった! 運否天賦 だからあとは祈るしかない…!! 類義語 運を天に任せる、神頼み、成り […]

満身創痍

【ことわざ・慣用句】満身創痍(まんしんそうい)の意味・例文 意味 心身共にボロボロの状態のこと。 例文 サッカーの練習で膝と足首を我をして 満身創痍 だったが、すぐに次の試合を控えているから頑張るしかない。 類義語 傷だ […]

津々浦々

【四字熟語】津々浦々(つつうらうら)の意味・例文 意味 全国の至るところという意味 例文 美味しいもを食べるためなら全国 津々浦々 、どこへだって行きますよ。 類義語 津津浦浦、至る所、随所に、各所、隅々まで、国じゅう、 […]

一路平安

【四字熟語】一路平安(いちろへいあん)の意味・例文 意味 無事を祈って言う言葉のこと。 例文 「明日からの出張、 一路平安 を祈ってるね」と母は父に言った。 類義語 道中ご無事で、旅立つ人の道中の無事を祈る、無事祈願、平 […]