意味と例文@ことわざと四字熟語のケロケロ辞典

ことわざ・四字熟語・慣用句・故事成語の意味や例文や使い方が小学生にも分かりやすい辞書。カエル親子の会話で小学校低学年や高学年の子供に説明したり中学生・高校生・受験生の学習にも最適。YouTube動画やクイズもあるよ♪

「レベル3」の記事一覧

行雲流水

【四字熟語】行雲流水(こううんりゅうすい)の意味・例文 意味 自然の成り行きに任せて行動すること 例文 皆違う人間だから反発しあうこともあるけど 行雲流水 で、しばらく様子を見ることも時には大事だと思う。 類義語 明鏡止 […]

欣喜雀躍

【四字熟語】欣喜雀躍(きんきじゃくやく)の意味・例文 意味 喜びや驚きをその場で大きくジャンプすることで表現すること。 例文 私の高校受験の合格を担任の先生は、 欣喜雀躍 して喜んでくれた。 類義語 狂喜乱舞、歓喜の渦、 […]

知行合一

【四字熟語】知行合一(ちこうごういつ)の意味・例文 意味 知識は行動が伴って初めて意味があるものだという考えかたのこと。 例文 ダイエットの本を読んだという彼がお菓子をむさぼる姿は、 知行合一 を意識していないように感じ […]

一新更始

【四字熟語】一新更始(いっしんこうし)の意味・例文 意味 新しいことを始めるタイミングで、古いものを新しいものに全て変えること。 例文 今日から高校生なので一新更始し、人気者になるために明るいキャラで過ごすことに決めた。 […]

帰一倍一

【四字熟語】帰一倍一(きいちばいいち)の意味・例文 意味 算盤を使った二桁以上の割り算で、商が大きすぎる際に商から一を引き,被除数に除数と同じ数を一回加える時の呼び方。 例文 帰一倍一 という言葉を知っていて驚かれたが、 […]

泰山北斗

【四字熟語】泰山北斗(たいざんほくと)の意味・例文 意味 特定の分野で優れている人のこと。 例文 彼はこの分野において 泰山北斗 だと言える1000年に1人の天才だ。 類義語 第一人者、専門家、オーソリティー、権威、重鎮 […]

天空海闊

【四字熟語】天空海闊(てんくうかいかつ)の意味・例文 意味 空や海のような広々としたおおらかな性格のこと。 例文 父は 天空海闊 で周囲の誰からも愛されている。 類義語 度量が大きい、器が大きい、包容力がある、寛大な心、 […]

気宇壮大

【四字熟語】気宇壮大(きうそうだい)の意味・例文 意味 心意気や想像力が人並外れて立派で壮大であること。 例文 幼馴染の彼は昔から 気宇壮大 の夢を持っていたが、実現させたので本当にすごいと思う。 類義語 気宇広大、スケ […]

時雨之化

【四字熟語】時雨之化(じうのか)の意味・例文 意味 徳の備わった人や聖人の教えが人々に広がっていくこと。 例文 あの時の先生の指導はまさに 時雨之化 で、お陰で僕たちは感謝を忘れない大人へと成長できた。 類義語 垂拱之化 […]

四神相応

【四字熟語】四神相応(しじんそうおう)の意味・例文 意味 風水において、地上で最も良い地形のこと。四神とは東の青龍・南の朱雀・西の白虎・北の玄武。 例文 ここは 四神相応 の地なのでとても縁起が良い土地だ。 類義語 四地 […]

臥薪嘗胆

【四字熟語】臥薪嘗胆(がしんしょうたん)の意味・例文 意味 目的を果たすために、苦難に耐えて機会を待つこと。 例文 臥薪嘗胆 の思いで今日まで頑張ってきた甲斐があった。 類義語 不撓不屈、堅忍不抜、艱難辛苦、骨が折れる、 […]

百花繚乱

【四字熟語】百花繚乱(ひゃっかりょうらん)の意味・例文 意味 秀でた能力を持っている人が同じ時期に多く現れ、沢山の素晴らしい成果を残すこと。 例文 そのパーティは美男美女のセレブたちが集まっていてまさに 百花繚乱 だった […]

不撓不屈

【四字熟語】不撓不屈(ふとうふくつ)の意味・例文 意味 強い意志を持ち、どんな苦難や困難にも心が屈しないこと。 例文 人生の苦難を乗り越えるためには 不撓不屈 の精神が大切だと父から教えられた。 類義語 七転八起、堅忍不 […]

運否天賦

【四字熟語】運否天賦(うんぷてんぷ)の意味・例文 意味 上手くいくかどうか人の運命は天が定めるものという意味 例文 やるだけのことはやった! 運否天賦 だからあとは祈るしかない…!! 類義語 運を天に任せる、神頼み、成り […]

春風秋霜

【四字熟語】春風秋霜(しゅんぷうしゅうそう)の意味・例文 意味 他人に対しては春風のように優しく、自分に対しては秋の霜のように厳しく行動すること。 例文 あの人は自分に厳しいが他人には優しい。まさに 春風秋霜 という言葉 […]

滅私奉公

【四字熟語】滅私奉公(めっしほうこう)の意味・例文 意味 自分の気持ちを抑えて国家や社会などに奉仕する精神のこと。 例文 昔は 滅私奉公 するのが当たり前の時代だったらしい。 類義語 自己犠牲の精神、献身的な姿勢、慈善の […]

心身相関

【四字熟語】心身相関(しんしんそうかん)の意味・例文 意味 心の働きが体の状態に影響を与えること。 例文 緊張をして汗をかくことは 心身相関 の仕組みだ。 類義語 心と体の相関、精神的ダメージ、心理ストレス、心と体は密接 […]

海千山千

【四字熟語】海千山千(うみせんやません)の意味・例文 意味 色々な経験をしてしたたかでずる賢い人。 例文 次の対戦相手は 海千山千 のチームだから、簡単には勝てないだろう。 類義語 百戦錬磨(ひゃくせんれんま)、ずる賢い […]

朝三暮四

【四字熟語】朝三暮四(ちょうさんぼし)の意味・例文 意味 目先の違いに気を取られて実際は同じなことに気づかないこと。また、うまい言葉で人をだますこと。 例文 お菓子が安くなったと思って喜んで買ったが、そのぶん中身も少なく […]

支離滅裂

【四字熟語】支離滅裂(しりめつれつ)の意味・例文 意味 話や考え方がばらばらでまとまりのないこと。 例文 彼女の話は 支離滅裂 で何が言いたいのかわからなかった。 類義語 目茶苦茶(めちゃくちゃ)、頓珍漢(とんちんかん) […]

意味深長

【四字熟語】意味深長(いみしんちょう)の意味・例文 意味 表現に深い意味があるということ。裏に別の意味が隠されていること。 例文 その映画には 意味深長 なシーンがたくさんあった。 類義語 意味深(いみしん):意味深長を […]

青息吐息

【四字熟語】青息吐息(あおいきといき)の意味・例文 意味 とても困ったときや苦しいときに、弱りきってするため息。また、そのような状態。(間違い注意:青色吐息ではない) 例文 宿題がたくさん出て 青息吐息 だ。 類義語 四 […]

竜頭蛇尾

【四字熟語】竜頭蛇尾(りゅうとうだび)の意味・例文 意味 最初は勢いがよいが、終わりのほうになると衰えてしまうこと。 例文 頑張ろうと意気込んで勉強を始めたが、結局だらけてしまい 竜頭蛇尾 に終わった。 類義語 頭でっか […]

傍若無人

【四字熟語】傍若無人(ぼうじゃくぶじん)の意味・例文 意味 人のことなどまるで気にせず、自分勝手に行動すること。 例文 授業中、 傍若無人 にしゃべっていた友達は先生に叱られた。 類義語 厚顔無恥 、勝手気まま、得手勝手 […]

付和雷同

【四字熟語】付和雷同(ふわらいどう)の意味・例文 意味 自分にしっかりとした考えがなく、他の人の意見にすぐ同調すること。 例文 彼の意見にみんなが 付和雷同 したため、話し合いはすぐに終わった。 類義語 長い物には巻かれ […]

質実剛健

【四字熟語】質実剛健(しつじつごうけん)の意味・例文 意味 まじめで飾り気がなく、しっかりしていて力強いこと。 例文 質素で頑丈なそのイスは、まさに 質実剛健 という感じだった。 類義語 実直、真面目、誠実、堅実、たくま […]

豪胆不敵

【四字熟語】豪胆不敵(ごうたんふてき)の意味・例文 意味 度胸があって、どんな物でも恐れないこと。 例文 彼は 豪胆不敵 にも授業中にマンガを読み始めたが、先生に見つかって叱られた。 類義語 大胆不敵、勇猛果敢、物怖じし […]

千載一遇

【四字熟語】千載一遇(せんざいいちぐう)の意味・例文 意味 千年に一度しかめぐりあえないほどのめったにない機会。 例文 席替えで気になる人の隣になれた。仲良くなる 千載一遇 のチャンスだ。 類義語 一世一代、 空前絶後 […]

美辞麗句

【四字熟語】美辞麗句(びじれいく)の意味・例文 意味 きれいな言葉を言っているが、うわべだけで真実味がないこと。 例文 栄養ドリンクのCMでは 美辞麗句 を並べているが、実際には飲んでもほとんど効かなかった。 類義語 舌 […]

主客転倒

【四字熟語】主客転倒(しゅかくてんとう)の意味・例文 意味 客と主人の力関係のように、ものごとの立場が逆転すること。 例文 先生が生徒の親に気を使うなんて 主客転倒 もいいところだ。 類義語 本末転倒、主客が入れ替わる、 […]

手前味噌

【四字熟語】手前味噌(てまえみそ)の意味・例文 意味 自分がしたことや作ったものを自分でほめること。(自分の所属する組織や家族を自慢する場合も) 例文 手前味噌 だが、私の学校は勉強もスポーツも一流だと思う。 類義語 自 […]

大言壮語

【四字熟語】大言壮語(たいげんそうご)の意味・例文 意味 自分の実力以上に調子のいいことを言うこと。 例文 あの政治家は 大言壮語 な話ばかりするけど、何も実現していない。 類義語 針小棒大、大風呂敷を広げる 、ハッタリ […]

雲散霧消

【四字熟語】雲散霧消(うんさんむしょう)の意味・例文 意味 雲や霧が消えるときのように、その物があとかたもなく消えること。 例文 長年勉強のことで悩んでいたが、大学に合格して悩みが 雲散霧消 した。 類義語 消え去る、跡 […]

一言居士

【四字熟語】一言居士(いちげんこじ)の意味・例文 意味 何かあるたびに一言でも自分の意見を言わないと気が済まない人。 例文 サッカー部の〇〇君はキャプテンの練習方法にいちいち口を出してくる 一言居士 なやつだ。 類義語 […]

荒唐無稽

【四字熟語】荒唐無稽(こうとうむけい)の意味・例文 意味 言っていることに根拠がなくでたらめなこと。 例文 〇〇君は見栄っ張りで言うことがほとんど 荒唐無稽 なことばかりだ。 類義語 支離滅裂、事実無根、口から出まかせ、 […]

慇懃無礼

【四字熟語】慇懃無礼(いんぎんぶれい)の意味・例文 意味 表面では丁寧にふるまっていても、内心は相手を見下していること。 例文 クラスで1番成績がいい子が、「あなたってかしこいね」って言ってきた。 慇懃無礼 な子だ。 類 […]

一騎当千

【四字熟語】一騎当千(いっきとうせん)の意味・例文 意味 優れた才能や経験を持っていて強いこと。 例文 サッカー部は転校してきた〇〇君の 一騎当千 の活躍で一気に強くなった。 類義語 向かうところ敵なし、百戦錬磨、獅子奮 […]

一蓮托生

【四字熟語】一蓮托生(いちれんたくしょう)の意味・例文 意味 他の誰かと行動や運命をともにすること。 例文 鶴の夫婦はとても仲がよく 一蓮托生 の関係だ。 類義語 一心同体、死なば諸共、運命を共にする、旅は道連れ世は情け […]

一網打尽

【四字熟語】一網打尽(いちもうだじん)の意味・例文 意味 悪い集団などを、一度にまとめて捕まえること 例文 警察が犯罪集団の事務所に乗り込んで 一網打尽 にした。 類義語 一斉検挙、一斉摘発、一人残らず捕まえる、根こそぎ […]

岡目八目

【四字熟語】岡目八目(おかめはちもく)の意味・例文 意味 自分より周りの人の方が状況を正確に判断できること 例文 岡目八目 という言葉もあるし、自分の意見だけでなく周りの人の意見も聞くべきだ。 類義語 第三者の目(視点) […]

泰然自若

【四字熟語】泰然自若(たいぜんじじゃく)の意味・例文 意味 落ち着いていて慌てない様子。 例文 チームのキャプテンは負けそうで追い込まれた状況でも 泰然自若 としているので信頼が厚い。 類義語 冷静沈着、余裕綽々、動じな […]

電光石火

【四字熟語】電光石火(でんこうせっか)の意味・例文 意味 動きが非常に素早いことのたとえ 例文 サッカーの試合で 電光石火 の攻撃により、開始1分でシュートが決まった。 類義語 疾風迅雷、生き馬の目を抜く、目にも留まらぬ […]

暗中模索

【四字熟語】暗中模索(あんちゅうもさく)の意味・例文 意味 手がかりがつかめず、いろいろやってみること。 例文 水泳が下手なので、どうやったらうまくなれるか 暗中模索 している。 類義語 試行錯誤、悪戦苦闘、五里霧中、手 […]

一念発起

【四字熟語】一念発起(いちねんほっき)の意味・例文 意味 あることをしようと強く決心すること 例文 〇〇さんは 一念発起 して会社を辞めてパン屋さんをはじめた。 類義語 決心する、決意する、意を決する、気持ちを固める、決 […]

明鏡止水

【四字熟語】明鏡止水(めいきょうしすい)の意味・例文 意味 一点の曇りもなく明るく澄みきった心境を指す。 例文 私の父は病気で入院したが、 明鏡止水 の心で治療に専念しているようだ。 類義語 清廉な、一点の曇りもない、す […]