意味と例文@ことわざと四字熟語のケロケロ辞典

ことわざ・四字熟語・慣用句・故事成語の意味や例文や使い方が小学生にも分かりやすい辞書。カエル親子の会話で小学校低学年や高学年の子供に説明したり中学生・高校生・受験生の学習にも最適。YouTube動画やクイズもあるよ♪

「レベル1」の記事一覧

短気は損気

【ことわざ・慣用句】短気は損気(たんきはそんき)の意味・例文 意味 短気でいることは、結局自分が損をすることになるという意味。 例文 生徒の前で怒ってばかりいた為、鬼教師といわれてしまった。まさに 短気は損気 とはこのこ […]

早起きは三文の徳

【ことわざ・慣用句】早起きは三文の徳(はやおきはさんもんのとく)の意味・例文 意味 朝、早く起きると良いことがあるという意味。 例文 最近、早起きを続けているが身体の調子が良い。まさに 早起きは三文の徳 だと思った。 類 […]

勝負は時の運

【ことわざ・慣用句】勝負は時の運(しょうぶはときのうん)の意味・例文 意味 勝敗はその時の運にもよるので、必ず実力のある者が勝とは限らないという意味。 例文 今まで負けたことのない僕が負けるだなんて…勝負は時の運と思い込 […]

思い立ったが吉日

【ことわざ・慣用句】思い立ったが吉日(おもいたったがきちじつ)の意味・例文 意味 何か行動しようと思ったら、その日を吉日だと思ってすぐに始めるのが良いという意味。 例文 買うかどうか迷ったが、 思い立ったが吉日 だと思い […]

明日は明日の風が吹く

【ことわざ・慣用句】明日は明日の風が吹く(あしたはあしたのかぜがふく)の意味・例文 意味 くよくよ考えてもどうにもならないので、成り行きにまかせるしかないという意味。 例文 今日は不運な事ばかりだったが、 明日は明日の風 […]

初心忘れるべからず

【ことわざ・慣用句】初心忘れるべからず(しょしんわすれるべからず)の意味・例文 意味 何かを始めたときの、真剣で謙虚な心を忘れてはならないという意味。 例文 初心忘れるべからず と言うように、慣れたことでも真剣に取り組も […]

取り急ぎ

【ことわざ・慣用句】取り急ぎ(とりいそぎ)の意味・例文 意味 とりあえず急いでという意味で、十分な準備や対応が出来ていないときに使う言葉。 例文 明日の野球の試合が中止となりましたので 取り急ぎ ご連絡しました。 類義語 […]

はらはらする

【ことわざ・慣用句】はらはらする(はらはらする)の意味・例文 意味 成り行きや結果が気になり不安で落ち着かなくなる様子。 例文 三者面談で、母が先生に余計なことを言わないか、僕は終始 はらはらして いた。 類義語 ドキド […]

取るに足らない

【ことわざ・慣用句】取るに足らない(とるにたらない)の意味・例文 意味 わざわざ取り上げるほどの価値はないという意味。 例文 そんなに気にしなくても、今回のことは 取るに足らない 問題だよ。 類義語 大したことない、どう […]

ご無沙汰

【ことわざ・慣用句】ご無沙汰(ごぶさた)の意味・例文 意味 しばらく連絡が途絶えていた目上の相手に対して、「久しぶり」という意味で遣う言葉。 例文 ご無沙汰 しております。お変わりございませんか? 類義語 久しぶり、久方 […]

さることながら

【ことわざ・慣用句】さることながらの意味・例文 意味 ある物事に対して、当たり前ではあるが、それだけではないという意味。 例文 彼は成績がいいのも さることながら スポーツも万能で、女子から毎日にように告白をされている。 […]

過言ではない

【ことわざ・慣用句】過言ではない(かごんではない)の意味・例文 意味 大げさに聞こえるかもしれないが、言い過ぎではないという意味。 例文 野球の大谷選手は100年に1人の才能を持っていると言っても 過言ではない 。 類義 […]

かろうじて

【ことわざ・慣用句】かろうじての意味・例文 意味 やっとのことで、ようやくという意味。 例文 険しい道のりだったが、 かろうじて 僕は第一志望の大学に合格することができた。 類義語 ギリギリ、やっとの思いで、間一髪で、紙 […]

もどかしい

【ことわざ・慣用句】もどかしいの意味・例文 意味 物事が思った通りにならず、じれったく思うこと。 例文 勉強が思いのほかはかどらず、 もどかしい 気持ちになる。 類義語 歯がゆい、じれったい、しっくりこない、はっきりしな […]

覆水盆に返らず

【ことわざ・慣用句】覆水盆に返らず(ふくすいぼんにかえらず)の意味・例文 意味 1度起こってしまったことは、もう取り返しがつかないということ。 例文 あの時ちゃんと謝っていれば彼に振られることはなかったのに… 覆水盆に返 […]

頭の中が真っ白になる

【ことわざ・慣用句】頭の中が真っ白になる(あたまのなかがまっしろになる)の意味・例文 意味 手段や方法が尽きてしまい、どうしたらいいものか分からなくなること。 例文 終電を逃してしまって家に帰れなくなり、 頭の中が真っ白 […]

悪しからず

【ことわざ・慣用句】悪しからず(あしからず)の意味・例文 意味 「気を悪くしないで」といった意味で相手に使う言葉。 例文 彼は不器用な人だが悪気は無いので、どうか あしからず …。 類義語 気を悪くしないで、悪く思わない […]

気長に待つ

【ことわざ・慣用句】気長に待つ(きながにまつ)の意味・例文 意味 焦ることなくじっくり待つという意味。 例文 この修理には相当の時間がかかるらしい。 気長に待つ としよう。 類義語 果報は寝て待て、石の上にも三年、待てば […]

蛇足

【ことわざ・慣用句】蛇足(だそく)の意味・例文 意味 無くても困らないもの、余計なものという意味。 例文 蛇足 なものだとは分かっているが、買い物にいくとついつい予定外の物を買ってしまう。 類義語 余分の物、不必要な、い […]

明日やろうは馬鹿野郎

【ことわざ・慣用句】明日やろうは馬鹿野郎(あしたやろうはばかやろう)の意味・例文 意味 今出来ることを先延ばししてはいけないという意味。 例文 明日やろうは馬鹿野郎 という言葉があるように、今出来ることは今しておこうと思 […]

お山の大将

【ことわざ・慣用句】お山の大将(おやまのたいしょう)の意味・例文 意味 狭い範囲の中で自分が一番だと誇っている人のこと。 例文 目立ちたがり屋の彼はどのグループに入っても お山の大将 になりたがる。 類義語 井の中のかわ […]

意表を突く

【ことわざ・慣用句】意表を突く(いひょうをつく)の意味・例文 意味 相手が予想をしていなかったことをして驚かせるという意味。 例文 まさか彼がそんなことを言うだなんて夢にも思っていなくて…完全に 意表を突かれた 。 類義 […]

ピンチはチャンス

【ことわざ・慣用句】ピンチはチャンス(ぴんちはちゃんす)の意味・例文 意味 ピンチを自らを成長させるチャンスと捉えること。 例文 今がピンチの状態でも ピンチはチャンス と捉えて乗り越えよう! 類義語 災いを転じて福とな […]

神頼み

【ことわざ・慣用句】神頼み(かみだのみ)の意味・例文 意味 助けを求めて神に願うこと。 例文 受験が目前に迫り姉は神社に 神頼み に行った。 類義語 他力本願 、運任せ、成り行き任せ、 溺れる者は藁をもつかむ、運を天に任 […]

運を天に任せる

【ことわざ・慣用句】運を天に任せる(うんをてんにまかせる)の意味・例文 意味 成功するか否かは、成り行きにまかせるという意味。 例文 やることはやりつくしたので、あとは 運を天に任せる しかない。 類義語 成り行きに任せ […]

前進あるのみ

【ことわざ・慣用句】前進あるのみ(ぜんしんあるのみ)の意味・例文 意味 あれこれ考える前に、まずは動いてみることが大切ということ。 例文 何事も悩んだときは 前進あるのみ との教え通り、とりあえず行動してみることを僕のモ […]

人の噂も七十五日

【ことわざ・慣用句】人の噂も七十五日(ひとのうわさもしちじゅうごにち)の意味・例文 意味 人の噂は永遠に続くものではなく、いつかは忘れられてしまうということのたとえ。 例文 人の噂も七十五日 とは言え、やはり噂をされてい […]

字は人を表す

【ことわざ・慣用句】字は人を表す(じはひとをあらわす)の意味・例文 意味 字には書く人の人柄が出るという意味。 例文 字は人を表す という言葉があるので、僕は意識して字を丁寧に書くように心がけている。 類義語 字は人柄を […]

量より質

【ことわざ・慣用句】量より質(りょうよりしつ)の意味・例文 意味 数よりも1つ1つの質が大切であるという意味。 例文 接客の仕事は 量より質 が大切だと思うので、お客様には丁寧に接しようと決めている。 類義語 量の増加は […]

同じ過ちを繰り返す

【ことわざ・慣用句】同じ過ちを繰り返す(おなじあやまちをくりかえす)の意味・例文 意味 同じ失敗を何度もしてしまうこと。 例文 彼は大失敗をして上司に大激怒されたのに、また 同じ過ちを繰り返す なんて、反省していないに違 […]

結果オーライ

【ことわざ・慣用句】結果オーライ(けっかおーらい)の意味・例文 意味 途中で色んな問題があったとしても、終わりよければ全てよしという意味。 例文 仲間割れや上手くいかないこともあったが今日の試合に勝てたのだから 結果オー […]

人を見下す

【ことわざ・慣用句】人を見下す(ひとをみくだす)の意味・例文 意味 相手を自分より下に見てバカにすること。 例文 あの人はいつも 人を見下す ような態度をとっているので皆から嫌われている。 類義語 鼻で笑う 、誹謗中傷、 […]

人は人、自分は自分

【ことわざ・慣用句】人は人、自分は自分(ひとはひと、じぶんはじぶん)の意味・例文 意味 人は人だし、自分は自分なのだから、違いを気にしなくても良いということ。 例文 人は人、自分は自分 なのだから、他人と比較する必要はな […]

紙一重

【ことわざ・慣用句】紙一重(かみひとえ)の意味・例文 意味 紙1枚の厚さほどのわずかな違いという意味。 例文 彼との剣道の試合は 紙一重 の差で僕が勝利した。 類義語 際どい、ギリギリ、スレスレ、危うい、すんでの所で、ご […]

豆腐にかすがい

【ことわざ・慣用句】豆腐にかすがい(とうふにかすがい)の意味・例文 意味 少しも手ごたえや効果がないことのたとえ。 例文 あの人は周りがどれだけ反対しようが 豆腐にかすがい で、自分のしたいように行動する人だ。 類義語 […]

恋は盲目

【ことわざ・慣用句】恋は盲目(こいはもうもく)の意味・例文 意味 恋愛に夢中になると相手のことしか見えなくなってしまうと言う意味。 例文 恋は盲目 と言うが友人を見ていると本当にその言葉通りだと思う。 類義語 あばたもえ […]

喧嘩するほど仲がいい

【ことわざ・慣用句】喧嘩するほど仲がいい(けんかするほとなかがいい)の意味・例文 意味 喧嘩をしても崩れないほどの関係性が出来ているということ。本音でぶつかれるくらいの仲良しと言う意味。 例文 喧嘩するほど仲がいい との […]

バチが当たる

【ことわざ・慣用句】バチが当たる(ばちがあたる)の意味・例文 意味 悪い行いをしたことに対して天罰が下ること。 例文 「食べ物を粗末にしたら バチが当たる 」と私は幼い頃から母に言われ続けて来た。 類義語 天罰が下る、罰 […]

食欲の秋

【ことわざ・慣用句】食欲の秋(しょくよくのあき)の意味・例文 意味 暑い夏が終わり、美味しい食材が収穫される秋は最も食欲が増す時期だという意味。 例文 「食欲の秋」という言葉があるように、秋はついつい食べ過ぎてしまい困っ […]

似た者同士

【ことわざ・慣用句】似た者同士(にたものどうし)の意味・例文 意味 互いに似た性質の両者を指す意味。 例文 あの夫婦は 似た者同士 で仲が良いので近所では有名だ。 類義語 似たり寄ったり、どっちもどっち、 類は友を呼ぶ […]

幸運が舞い込む

【ことわざ・慣用句】幸運が舞い込む(幸運が舞い込む)の意味・例文 意味 良い運が巡ってくること。 例文 何十年も宝くじを買い続けて初めて高額当選をした!ついに 幸運が舞い込んで きたようだ。 類義語 棚から牡丹餅、瓢箪か […]

耳が痛い

【ことわざ・慣用句】耳が痛い(みみがいたい)の意味・例文 意味 自分の弱いところをつかれて聞くのが辛いという意味。 例文 ケンカ中の友だちから正論を言われ 耳が痛い 。 類義語 耳の痛い、図星、痛い点を突く、痛い所を突か […]

逃がした魚は大きい

【ことわざ・慣用句】逃がした魚は大きい(にがしたさかなはおおきい)の意味・例文 意味 手に入れ損なったものは、惜しいという思いから実際よりも価値があるように感じられるものだ。 例文 偽物だと思って買わなかった絵画が、あと […]

顔から火が出る

【ことわざ・慣用句】顔から火が出る(かおからひがでる)の意味・例文 意味 恥ずかしくて顔が真っ赤になる様子。 例文 その問題を間違えたのが自分ひとりだけだったので、 顔から火が出る 思いがした。 類義語 赤面する、顔を赤 […]